FC2ブログ

0 Comments





昼間は暖かいが夕方は少し寒いですね。

日が落ちるのも少し遅くなり仕事もしやすくなってきた最近。


エンジンチェックランプ点灯でのW215

DAS診断にてインテーク吸気によるエラーから

作動テストにて

CIMG5695.jpg

エアーポンプ動かずでのチェックランプ点灯なんですが

ポンプに12V直接入れるとガラガラ音にて作動

ポンプ不良は分かるんですが

回らないわけではないので手前の電源確認にてポンプまでの

電気がきてない

WISにての配線図確認にて右サムからの確認

CIMG5692.jpg

エアーポンプはヒューズとリレーにての制御

CIMG5691.jpg


普通メインヒューズに電気きててリレーON、OFFにての回転と思うが

こいつはリレーに電源が通りヒューズに送る   してポンプ回転。

なんでメインヒューズ(40A)にサーキットテスター当てても電気はきてない。

DASにて作動テスト→ポンプ作動→にてリレーよりヒューズに電源供給→ポンプ回転。  となる。

リレーは作動するがメインヒューズまでは電気がこない

なんで強制でヒューズに12V落としてやるとポンプは回転した。

結果サム不良と判断し

CIMG5694.jpg

中古サムとの交換

この車は中古サムとも交換可能  W220とか他の車などでも中古も対応はある。

サムはDASにて、もともと付いてるサムから仕様を吸出だし

新しい(新品なら)サムに入れるが、中古サムによってはそのまま交換にて

使用可能。   

(左右、リアともに中古可能、新品サムでもOFFラインコーディングなんですが

新品には設定必要(何が付いてますか?などの仕様ですけどね。)

中古でも設定しないと、あれ?て事ありなんで自己責任にて)

ですが一応設定確認して同じならそのまま使用。

中古でも部品番号は異なりますが、前期、後期と品番は動いてますので

同じ仕様ならばリレーやヒューズの位置を変えれば対応可能部品もある。

一応故障はしてますが今付いてるサム確認して

中古サム取り付けて設定確認して交換完了

再度DASにてポンプ作動確認にて作動開始

結果   エアーポンプモーター重たく  無理して回転の負荷かかり

ヒューズ、リレー破損ですめば簡単なんですがサムまで過電流が行き

サム破損。   てな結果になりました。



このへんまでの車ならば、これ入れ替えてみよか~?

とか、ここに直電入れて動けば、ここは大丈夫じゃない~?

なんて出来ますが    最近の車は・・・・・・・・・・

12V制御で動かしてる物が少なく、ここは6V、ここは3Vだから直電入れたらだめ!

みたいな。

最近汎用テスター進化しすごく見やすくはなったが

専用テスターじゃなきゃー配線図に作業指示書が付かなきゃー

わからない修理も結構ある。

メルセデスが多いんでDASも昨月新しい物に換えVW、アウディーも

ODISの最新に更新したがフルには使えこなしてないと思う最近。

車が進化してるんで修理する人間も進化しなきゃ     とは思うが

50歳半ばの頭の引き出しでは、なかなか考えさせられる所あり。

修理依頼にて、ご迷惑かけないよう

修理してるあいだは日々勉強ですね。















つかさオート
Posted byつかさオート

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply