0 Comments






さて9月

先月までは着替えのいる毎日でしたが

少し涼しくもなり作業もはかどる日が続きます。


チェックランプ点灯のシャラン。

アクセル踏んでも出だしが悪いし、走りも不安。

テスター診断にてスロットルボディー電気的故障と。

CIMG5365.jpg

外して見ればオイル混入にて本体の故障

CIMG5366.jpg

結構な金額にて、お客様持込にての本体交換。

取り付け後テスターにて

CIMG5386.jpg

本体のアダプテーション実行にて終了。


続いてはケイマン。

見えなくなるくらいの白煙にて入庫。

エンジン本体の異音もないしオイル混入にての白煙か?

CIMG5394.jpg

エンジン見てみると

サージタンクに繋がる所にオイルセパレターなるもの。

パイプ外して確認もオイルが結構混入にてこれくらいしかないだろ?

と判断。

ポルシェにしてはお高い部品でもなかったんで了解えて発注。

これだけ白煙出てるんで、サージタンク、マフラーには結構なオイル混入

してるはず。 交換部品が正しくとも当分白煙出るんで

白煙消えれば交換部品が正解なんだが少しドキドキ。

交換部品はこんな物。

CIMG5395.jpg

これが新品

外した部品は

CIMG5388.jpg

これ。

穴を塞ぎ空気の流れを確認したが大した違いがないんで

分解してみないと分からないが、構造からしたらこれしかないだろ。

と、勝手に判断。

交換後エンジン掛け白煙状態確認。

5分・・・・・・・・・・・10分・・・・・・・・・・・・

少し白煙が消えてきた。

一旦エンジンを止めブローバイホースのオイルを確認

先ほどよりはオイル量が少ない為、この部品で正解かな     と。

再度エンジン賭け続けるが

マフラーからはテンプラ揚げてるような焼ける音がしてるが

焼かなきゃ白煙は消えない

あれだけの白煙出てたんでオイルも結構入ってるはず。

交換部品は間違いないと核心し、走行にて確認。

少々の白煙は出るが戻ったころにはすっかり消えてた。

交換部品は正解。


正解だから良かった。   とも思われますが

お高いお車なんで、ここまでの判断は慎重に考え

エンジン異音無し→白煙のみ→構造→ここしかないだろ。



交換後の走行。     に至りました。


真夏の汗だくよりは作業しやすくなる最近

皆様も急な気温変化にて体調崩さぬよう

お仕事がんばりましょう。









つかさオート
Posted byつかさオート

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply