0 Comments




7月       梅雨なんですが・・・・・・・・・

ただただむし暑い

何もしなくても汗が。


VWシャランバッテリー警告灯にて入庫。

CIMG5330.jpg

充電不足にての警告灯点灯なんですが

充電制御付きにてオルタネター不良なんだかクラッチ付きのプーリー不良なんだか

判断に困る。

オルタネターの真上にオイルフィルター付いてるんで

フィルター交換時オイルをオルタにこぼしちゃって

オルタ故障もあるんですが

CIMG5324.jpg

プーリー不良であればオルタネター外さずプーリーのみ外し確認

オルタネターもリビルトならばプーリーは別なんでプーリーのみ

外し新品交換での確認

CIMG5325.jpg

ベルト外してSSTにてプーリーのみ外して充電量確認も

CIMG5327.jpg


変わらず

て事はオルタネター本体不良なんで少し面倒な作業

もう一度ベルト外してエンジンマウントを切る。

そして隙間から上に出すんですが

当然バッテリーターミナル外したいところ。

でもアイドリングストップ等余計なものが付いてるんで初期設定が

厳密には必要。交換後テスターで初期設定すればいいんですが

CIMG5331.jpg

少しおおちゃくしてオルタネターのみの電源遮断して

CIMG5329.jpg

オルタネター交換。

外してオルタ見てみればオイルでベタベタ。

CIMG5332.jpg


フィルター交換もオルタにオイルがこぼれない様工夫が必要。

クラッチ付のプーリーもそのまま装着もいいんですが

再度故障の可能性も考えそのまま新品装着。

余分かとも思いますが予備整備としては必要かな。

交換後は通常充電量も戻り再度テスター診断。

オルタネター(充電量)もECU通してますんで

テスター上のエラーとしてはジェネレター機械的故障との指示も

テスターには表示。

実測値にて再度確認してエラーリセットの終了。


マグネットクラッチが無い最近のエアコンコンプレッサーに

充電制御付きのオルタネターに

簡単に  ここでしょ。  なんて

なかなか故障特定が出来なくなった最近の車に

少し困惑      

でも

勉強しなきゃ      

修理も説明もできないんですよね・・・・・・・・・・・・・お客様に。




















つかさオート
Posted byつかさオート

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply