0 Comments



寒かったり    暖かかったり

じじいには身体の調整が・・・・・・・・・・

さて  2月も半ば。

TTのチェックランプ点灯

ミスファイヤーなど体感できる故障なら、これ交換ってなるんですが

至って快調、何でチェックランプ点灯?  なんてやつは結構ある。

今回はフューエルタンクベンチシステム不良とか

フューエルメーターリンクシステムリーン過ぎる

なんて出てたんで、2次空気吸い込みによる

チェックランプ点灯

CIMG3950.jpg

てな事にて、ではどこ?

エンジン作動中にはエアー吸いなどの音はせず。と言うか

エンジンの音にて小さなエアー吸いなどは確認できないんですが

ベンチレーションシステムなんで、この車はエンジン切ってほんのわずかな時間は

エアー吸い込みみたいな何かがあるとシューって音がする。

まずはエンジンカバー浮かせた状態にて(エアフロの配線外せないんでずらすような感じ)

運転席の窓開けて→エンジン始動→エンジン切って→エンジンルームまで走る

シューって音確認→特定。  (特定できるまで繰り返し)     

2人居れば簡単なんですが、いつも1人寂しくなんで・・・・・・・・・・・・・・

知らない人が見たら何やってんだ???と思うんじゃーないだろか。

まー   まずこいつなんですけどね。

CIMG3951.jpg

一応確認しないと。

リリースバルブって言うんですけど。

CIMG3955.jpg

継ぎ目に小さなクラックあり。

2次空気吸い込みにてフューエルシステムリーン。

新品部品にて

CIMG3954.jpg

形状変更

なーーーーんも体感できないのにチェックランプ点灯ってのは

O2センサーやら2次空気吸い込みやらが結構ありますよね

テスターにてイベントメモリー消去して再度確認で終了。

CIMG3952.jpg

A3に始まってTT2台に   本日アウディー専門店。














つかさオート
Posted byつかさオート

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply