PageTop

つかさオート奮闘記

愛知県の岡崎市で欧州車の修理を手掛ける内容とちょこっと趣味を交えたブログ。
月別アーカイブ  [ 2013年10月 ] 

アウディーTTのシフト



今日って雨予報だっけ????

予定が狂ったんですけど、、、、、。


週末から引き取りに伺ったTT。

なんだ?なんでこんな所が、、、????

って修理で結構手間がかかった。

クアトロのマニュアル車なんですが

シフトレバーの中間(ジョイント部分)からポッキリ折れた。

折れたと言うより、何て言ったらいいんだろ?カシメが外れた?

溶接が取れた? 取れちゃーまずいだろ、こんな所。

問題場所は

E280,ビートル、TT 015

かき回す一番大事な所なんですが構造がこの状態じゃ分らない。

一応部品交換にて直るものだと思い見積もりするも国内欠品にて

バックオーダー。はぁーーー普通はこんな所折れねーよな。

じゃー直すしかないじゃん。

構造確かめなきゃ組み付けもできないんで、、

E280,ビートル、TT 013

E280,ビートル、TT 016

部品図見るかぎりじゃーシフト全体がBOXになってるようなんで

取り外しからなんですが室内からじゃーなくフロア下からの脱着

と言うことは、つまり真ん中に付いてるんで下から見ればこの状態

TTシフト 003

マフラー、遮熱版外して何とか出ないか挑戦ですが

E280,ビートル、TT 017

プロペラシャフトが邪魔してまったく出ず。

仕方なくプロペラシャフトも外して、、、、

下ろしたBOXから、何が折れたのかの確認

E280,ビートル、TT 019

こんな所でジョイント。バックギアにてプッシュするんで

スプリングが入っての溶接?みたいな、、、

何で引っ付いてたんだ?このジョイントは、、??

どこかに落ちてるはずなんで探してみると室内隅にこんな物。

TTシフト 005

スプリングにシート入れて上から圧着みたいな感じかな??

でも毎回かき回す所だしバックギアにはプッシュにて入れるし

負荷かかるんだからこれはないだろ??

直すにしても、こんなもん同じように圧着なんてできねーし、、、。

なんて考えてみてもしょーがないんでサンダーで材質確認してみた。

火花も出るし硬い材質じゃーなさそーなんで、ただの鉄と判断して

溶接してやれ、、、。(考えてても部品は1ヶ月先)だし

なんとかなる。と勝手に判断。

スプリングにシートと飛んでっちゃった部品組み付けて

E280,ビートル、TT 020

溶接したらくっついた。

何でもやってみるもんだ、、、

BOXばらしてミッションに繋がるワイヤー付ければ

TTシフト 002

こんな感じ。  組み付け確認にてもう1回BOX下ろして蓋をする

そーすると上から見ると

TTシフト 004

こんな感じにて組み付け終了

この溶接した所に先ほどの小さなアルミにて圧着してあった感じ。

そのまま溶接できればいいんですが、折れたロッドが固定できないし

スプリングやバックギアのプラスチックが元位置にこないと組み付けできないんで

結局ここまで外さないと無理でした。

でもこんな所がこんな風になるのは見たのは初めてだし

壊れちゃーまずいだろここは?

まーーー直ったんでよかったんですが、何ともならなきゃー

部品待ちにて2週間ほど放置なんて、何ともなりませんからね。

よかった。よかった。




[ 2013/10/29 19:53 ] 修理 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

つかさオート

Author:つかさオート
小さな工場で毎日こんな事してます。

月別アーカイブ
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Graphical Clock デジタル
Graphical Clock
ioi.toot
フリーエリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム